top > Meister Interview > 刀鍛冶/日本刀鍛錬道場代表 吉原 義人

Meister Interview 吉原 義人(Yoshihara Yoshindo )

  • share this page:
  • twitter

刀鍛冶/日本刀鍛錬道場代表 吉原 義人

刀鍛冶/日本刀鍛錬道場代表
吉原 義人

  • 吉原義人プロフィール
  • ダイジェスト版(読了時間5分)
  • 記事全文(読了時間15分)

刀鍛冶/日本刀鍛錬道場代表 吉原 義人


日本刀は芸術品。
機械で作れる芸術品はない。

どんな世界でも超一流と呼ばれる卓越したプロフェッショナルがいる。

「一流」という言葉を辞書で引くと、「その分野での第一等の地位。」と出てくるが、刀剣業界における吉原義人師匠は、まさに「超」がつく一流である。刀鍛冶として、さまざまな賞歴を持つほか、最高勲章である20年に一度の「伊勢神宮の御神刀」に、実 に3度の指名を受けている。刀だけで生活が出来る刀鍛冶は日本国内に30人程度と言われる刀剣業界の厳しい状況下で、現在でも6人の弟子を育てながら着実に収益をあげ、積極的な海外展開や出版活動を行うなど、日本刀文化の普及にも努めている。

日本刀一本にこだわり続け、頂点を極めた吉原師匠から、次代の若者に向けたメッセージは、「好きな道、興味や誇りが持てる道を選ぶこと」、そして「自ら選んだ道を一生懸命に続けること」と、吉原師匠自身が刀鍛冶人生の中で実践してきた、明確且つ、仕事に対する姿勢や意義を問われる内容だった。
今回のインタビューの中では、国際競争力と共に失いつつある、日本人の誇りや強さを取り戻すための「ヒント」も、多分に含まれていた。指導する立場にある方、指導を受ける立場にある方、それぞれの視線で、この人物の声に耳を傾けてほしい。

吉原 義人氏インタビュー


Q:刀鍛冶の仕事とは?

一言で言うと日本刀を作る職人だね(笑)。
包丁を作る人は包丁鍛冶、鋏(はさみ)を作る人は鋏鍛冶、他にものみ鍛冶とか、鉋(かんな)鍛冶とか、いろんな鍛冶屋がいて、それぞれほとんどが専門で作っている。その中でも日本刀を専門に作る職人が刀鍛冶だ。まあ、俺は日本刀専門だけど、鍛冶の仕事そのものが好きだから、包丁、鋏、鉋、のみなど、若いころからなんでも作ってきたけどね。

Q:日本刀随一の名門/吉原家の歴史について教えてください。

俺の祖父で初代国家(くにいえ)になる、吉原家のおじいさんが若いころから刃鍛冶をやっていて、たしか大正8年に茨城県筑波山のふもとから、東京で一旗あげようって月島に鍛冶場を作ったんだ。その頃は月島にも鍛冶屋さんが沢山あって、今でものみとか包丁とか作っている鍛冶屋が何件かある。

祖父も最初は包丁や鋏なんかを作っていたんだけど、センスが良かったのか、そのうち刃物の世界で有名になって、日本刀の世界、刀鍛冶屋の世界に入っていったわけだ。昔から刀鍛冶っていうのは鍛冶屋さんの最高峰と認識されていて、鍛冶屋はみんな刀鍛冶に憧れていたからね。でもその後、大正の何年かにね、月島に津波が来たんだよ。この間の東日本大震災のように、人が亡くなったりすることはなかったそうだけど、月島一帯に水が入って、せっかく作った鍛錬所も結構な被害にな被害に遭ってしまってね。その後、月島の鍛冶場をたたんで今の葛飾区に移ったんだ。俺の父親もその頃、大正の終わりぐらいから刀の世界に入った。