top > Meister Interview > 新極真会代表理事/緑健児

Meister Interview 緑 健児(Midori Kenji )

  • share this page:
  • twitter

新極真会代表理事/緑健児

新極真会代表理事
緑 健児

  • 緑 健児プロフィール
  • ダイジェスト版(読了時間5分)
  • 記事全文(読了時間15分)

新極真会代表理事 緑 健児


前に向かって進む限り、
可能性は広がり続ける。

“武道”という言葉を辞書で引くと、「武士として身につけるべき技。武芸。武術。 武士として守るべき道。 武士道。」と出てくる。現在、武道とされている武術には「剣道、柔道、空手、弓道、馬術、忍術」があり、いずれも遠く武士が活躍していた時代から受け継がれてきた、日本独特の文化・武芸と解釈することができる。また“武士道”とは、武士達の中で発達した道徳であり、忠誠・勇敢・犠牲・信義・廉恥・礼節・名誉・質素・情愛などを尊重した思想とされている。

近年では、海外でも武士や侍を題材とした映画が作られ、日本の映画俳優やアスリート達が侍・武士と称されるなど耳にする機会も増えているが、実際に皆さんの周囲に、武の道に生きている人はどのくらいいるだろうか。 代表的な武道の一つである「空手道」。その中でも、全世界空手道連盟新極真会は、世界82ヵ国で競技され、実に8万人を超える門下生を持ち、リアルの場面で自己研鑽をするために老若男女、学生、社会人を問わず、さまざまな人が集まり、その技を競っている。

現代社会において、武士道精神とはどのように受け継がれ、活かされるべきなのだろうか?
空手家として世界の頂点を極め、8万人の門下生を持つ組織のトップである緑健児氏の言葉には、その明確な回答があった。個人としてのゆるぎなき強さ、組織のトップとしての豊かさと深さを感じた今回のインタビュー。武の道にいる人でなくてもぜひ、ご一読いただきたい。

緑 健児氏インタビュ-


Q:極真空手とは?

素手・素足を以て相手と戦い、
勝敗・決着をはっきりつける空手。


空手には大きく分けて、直接的な打撃を行うフルコンタクト系空手と、直接的な打撃は行わず寸止めとする、ノンコンタクト系空手がある。
極真空手は故・大山倍達総裁が確立したフルコンタクト系空手で、素手・素足を使って相手と戦い、勝敗・決着をはっきりつける空手を指す。強さにあこがれる少年達・大人達の間で急激に普及した。さまざまな流派がある空手において、極真空手の一番の特徴は“強さ”であると認識している。

Q:空手を始めたきっかけは?

とにかく、喧嘩に強くなりたくて空手を始めた(笑)。その当時そういう若者が多かったと思うが、故・大山倍達総裁の「空手バカ一代」の影響が大きい。喧嘩に強くなりたくて、初めは通信教育で空手を始めたが、なかなか手ごたえを感じられなかったため、上京して本格的に空手を始めようと決意した。学生時代の卒業文集には空手で日本一になりたいと記してあるが、実際のところは喧嘩に強くなりたかった、というのが本音。笑