top > Meister Interview > コエドブルワリー代表取締役社長/朝霧重治

Meister Interview 緑 健児(Midori Kenji )

  • share this page:
  • twitter

コエドブルワリー代表取締役社長/朝霧重治

コエドブルワリー代表取締役社長
朝霧重治

  • 朝霧重治プロフィール
  • ダイジェスト版(読了時間5分)
  • 記事全文(読了時間15分)

まえがき


クラフトビール(CRAFT BEER)と称される、ビールがあるのをご存じだろうか?
英語で「CRAFT」とは、手工芸品・民芸品であり、クラフトビールとは、ビール職人の知識とこだわり、独自の原料や製法・技術によって造られた、手造りビールを指している。日本発のクラフトビールブランドである“COEDO”は、世界の2大ビールコンテストである、EUROPEAN BEER STAR(ヨーロピアンビールスター)、World Beer Cup(ワールドビアカップ)でそれぞれ金賞・銀賞を受賞、またiTQi(International Taste & Quality Institute/国際味覚審査機構)で、日本ブランドとして初となる、三年連続の三ツ星、世界でも7例目となる「クリスタルテイストアワード」を受賞するなど、世界中から高い評価を受けている。

“COEDO”が世界中から評価を受けるグローバルブランドまでに成長した背景には、さまざまな危機を乗り越える職人達の研究と努力、そして勝ち残りをかけ、入念に計画・実行されたマーケティング戦略が存在した。継続か?撤退か?の判断まで迫られ、窮地に立たされていた地ビールを、世界的ブランドにまで育てた、朝霧重治氏の言葉には、経営者であり、また心からビールを愛する職人(朝霧氏は自身を職人として認めていないが)としての強いこだわりと責任感が感じられた。経営者と職人、両方のエッセンスを感じた朝霧氏へのインタビュー。ぜひご一読いただきたい。

株式会社協同商事コエドブルワリー・代表取締役社長:朝霧重治氏インタビュ-


Q:小江戸ビールはどんな地ビール?

さつまいもからビールを造った。

九州では、さつまいもを原料に、焼酎を造っていることをヒントにして、川越で収穫されるサツマイモをビールの原料に使えるのではないか?という視点から始まりました。特にB級品として破棄されていた規格外のサツマイモの有効活用です。サツマイモを使ったビール=正確にいうと発泡酒(※日本の酒税法ではサツマイモはビールの原料として認識されていないため)を、観光に来るお客様に、美味しくて、インパクトのあるビールを造ろう、というのが我々の地ビール事業「小江戸ビール」の始まりです。

「地ビール」の名の通り、地元の原料を使って作っていた地ビールが少なかったため、本当の意味での地ビールは、我々が走りだったと思います。これまでになかった「サツマイモ」を原料にしたビールという発想と、地酒の日本酒の蔵元がなくなっていた時期でもあったため、販売店様にも受け入れられ、また手前味噌ですが、地ビールとしての品質も担保していたため、お客様のウケも非常によく、当時の地ビールブームに乗って、川越市の郊外で経営していた工房兼レストランの業績はかなり好調でした。ブームが去った後も、その規模感でやっていれば、事業として今でも十分に成立していたと思います。

Q:地ビールブームの終焉

多くのブルワリーが直面した問題ですが、規制緩和からほどなくして、地ビールブームはあっという間に過ぎ去ってしまいました。反省点はたくさんあると思います。一番の問題は、日本にビール職人が少なかった状況下で、1994年の規制緩和により、本来は熟練した職人の技を要するビジネスを、全国各地で素人的にスタートさせてしまったということ。小規模ブルワリーは、オートメーションではなく手仕込みですから、当然ながらビール職人が必要になりますが、ブームに乗って、昨日までビールを造ったことがない人が、いきなりビールを造って販売していたようなもの。ビールとしての品質が追い付いていない状況の中で、小規模販売を理由に、観光地価格で販売をしてしまったため、お客様の満足が得られない。そうした状況からそれほどの時間を要さずに、地ビールはすたれてしまったのです。

「小江戸ビール」が直面した問題もあります。その当時、日本経済はデフレ化が進んでいたこともあり、大手メーカーから発泡酒が投入され始めたタイミングでしたが、発泡酒に対する消費者の評判が、安かろう・まずかろうという非常に悪い状況でした。当社のビールは、前述の通り、ビールの原料として認識されていないサツマイモから造っていたため、商品カテゴリーとしては「発泡酒」であり、「あれ、実は発泡酒らしいよ」と、消費者の安かろう・まずかろうのイメージと一色単にされてしまいました。さらに、通常使わない原料である、サツマイモを使った地ビールがキワ物的な位置づけにされ、徐々にお客様は離れていきました。

Q:ブランドの再構築に向けて、着手したことは?

ブランド再構築を考えた時に、最初に思いだしたのが、学生時代にバックパッカーなどで、ヨーロッパを放浪し、ドイツのビール工場や、ビアホール・パブでビールを飲んだ経験です。ヨーロッパの飲食店にはたくさんの地ビールが並んでいますが、どのビールがどんな味で、どういう飲み方をすればいいのか、をウェイターやウェイトレスが説明してくれます。しかも、みんなが楽しそうに自分なりのこだわりや、熱意を持って教えてくれるし、実際に飲んでみると違いがわかるから、お客様も楽しい。
また、その頃、個人旅行がブームになってきていて、ビール好きの人が、リアルなビール文化を楽しめる機会も増えてきていました。ガイドブックを見れば、ベルギーはビールの国、英国に行けばビールは「エール」と呼ばれ、キンキンに冷やさずにパイントグラスで泡のない状態で楽しむもの。ドイツに行けば、ビアガーデン・ビアホールで、「オクトーバーフェスト」などの世界的なビールの祭典なども紹介されていて、徐々にそういったリアルなビール文化を楽しむ人が増えていました。