top > Meister Interview > 細谷 圭二 プロフィール

Meister Interview 緑 健児(Midori Kenji )

  • share this page:
  • twitter

ホソヤエンタープライズ代表取締役社長/細谷圭二

ホソヤエンタープライズ代表取締役社長
細谷 圭二

  • 細谷 圭二プロフィール
  • ダイジェスト版(読了時間5分)
  • 記事全文(読了時間15分)

ホソヤエンタープライズ代表取締役社長 細谷 圭二


一瞬の輝きのために、技術と情熱を注ぐ。
花火造りは人生のようなもの。

「真夏の夜のエンターテイメント」と聞けば、日本人なら誰でも「花火」を想像することだろう。 一度見れば、誰もがその美しさと華やかさに酔いしれ、歓喜の声を上げる。そんな風情ある魅力を持つ花火だが、その裏では、「火薬」という危険物を取り扱う張り詰めた環境下で、数千~数万時間にもおよぶ準備期間を経、命に関わる危険と隣り合わせの現場で戦っている人々がいることを想像できるだろうか。花火職人とはそんな仕事である。

日本の花火の歴史は、種子島に火薬が伝来した1543年(天文12年)以降、1613年(慶長18年)にイギリス国王の使者ジョンセリスが駿府城を尋ねた際、持参の花火を見せたのが始まりという説が最も有力で、日本で最初に花火を見た人物は、かの徳川家康とされている。花火を鑑賞する際のおなじみの掛け声である「たまやー!かぎやー!」の、「玉屋」と「鍵屋」の創業も、江戸時代の初期。この「鍵屋」の流れを汲み、創業100年以上の歴史と、日本有数の実績を持つ老舗の花火企業。それが、ホソヤエンタープライズだ。
その4代目を継承する細谷圭二氏の言葉には、花火職人としての厳しさ、誰より花火の魅力に惹かれ、純粋に愛する気持ち、そして何よりも、エンターテイナーとして「人を感動させたい」という強い探究心が感じられた。 安全な場所から花火大会を鑑賞できる立場の筆者にとって、これまで知り得なかった衝撃的な話もあった。毎年花火大会に足を運ばれる方も運ばれたことが無い方も、この記事を通して、さらに花火の魅力を感じ、現地でその魅力を体感していただきたい。

細谷 圭二氏インタビュー


Q:花火職人になったきっかけを教えてください

純粋に花火そのものの魅力に惹かれて、この世界に入った。
実家が、明治時代から三代継承されている花火職人の家系だということは、幼少のころから理解していたが、実は大学を卒業するまで「自分が家業を継ぐ」という意思はまったくなかった。その証拠に?大学では経済学部。笑 自分が初めて花火と出会ったのは、22歳の時。親父の手伝いで、初めて打ち上げ花火の現場に連れていかれたことがきっかけで、間近で打ち上げに立ち会った。でっかい花火の玉を筒口に入れたら、「すぐ離れろ。ぐずぐずしていると怪我するぞ!」と言われ、打ち上げてから数秒後、轟音と共に夜空に炸裂する大輪の花。そして、かなたから押し寄せる怒濤のような歓声を聞いた時、興奮で体中が震えた。なぜ、今までこんな面白いことを教えてくれなかったのか?と、本気で親父を恨んだ。今風の言葉で言えば、その瞬間にハマッてしまったということ。そう、たった一発の花火で。

Q:ホソヤエンタープライズの歴史、花火の歴史を教えてください

創業は明治39年(1906年)。明治後期に火薬取締法が公布され、初代細谷喜一が警視総監より許可を受け細谷花火店(屋号は藤棚)として、東京西多摩郡草花村(現あきる野市草花)に創業したのが始まり。創業前からも料亭を営みながら花火製造を行っていたが、それまでは法律そのものが無かった。

日本の花火の歴史は鉄砲&火薬が伝来した、江戸時代の初期にさかのぼり、最初は時報の役割として使われていた。あまり知られていないことだが、うちは花火のかけ声としておなじみの「たまやー!かぎやー!」の鍵屋の流れを継いでいる。鍵屋は万治2年(1659年)の創業で、江戸で玩具花火の製造を始め、その後13代も続く花火屋の老舗で、その跡取りは、代々「篠原与平」の名を襲名していた。11代目の頃から、うちから鍵屋へ打ち上げ花火を納品するようになった。しかし鍵屋の12代目が、花火よりも踊りに熱中してしまった影響で、花火職人が大勢やめてしまい、なんとその後、「鍵屋」の暖簾までを売ってしまった。うちにも「鍵屋」の暖簾を買わないか、と声がかかったようだが、「細谷」の屋号でやっていたため、他店が買い取った。鍵屋の屋号は現在でも残っているが、残念なことに自社では花火の製造を行っていない。そうした背景から、うちが享保18年(1733年)から続く、両国川開き花火(現在の隅田川花火大会)の打ち上げを引き継ぎ、鍵屋の残された職人達も引き受けた。 昭和4年以降の隅田川花火大会は、それまでやっていた「鍵屋」ではなく、「細谷花火店」として打ち上げを行うようになった。現在では、玉屋の流れを継ぐ、丸玉屋小勝煙火店とうちの2社共同で、隅田川花火大会や、東京湾花火大会を担当している。だから、花火を見るときには「たまやー!かぎやー!」ではなく、「たまやー!ほそやー!」と言って欲しい。笑