top > Meister Interview > 鍵井靖章 プロフィール

Meister Interview 緑 健児(Midori Kenji )

  • share this page:
  • twitter

水中写真家/鍵井靖章

水中写真家
鍵井 靖章

  • 鍵井 靖章プロフィール
  • ダイジェスト版(読了時間5分)
  • 記事全文(読了時間15分)

■Profile


鍵井 靖章(かぎい やすあき)
水中写真家
1971年3月5日生まれ
兵庫県 出身

様々な海洋生物を独特の世界観で色彩豊かに表現し続ける、日本を代表する写真家。世界的にもファンが多く、精力的に写真展も開催している一方、近年は東日本大震災後の海の底から、震災と再生の様子を撮り続けている。



     
■実績

1998年 第15回アニマ賞受賞(平凡社)「ミナミセミクジラの海」
2001年 ネイチャーフォト部門賞(講談社『週刊現代』主催)受賞
2003年 日本写真協会新人賞受賞

     
■出版書籍

2004年 写真集「海色えんぴつ」PHP研究所刊
2008年 写真集「Deep Blue」Carltonbooks刊/イギリス
2011年 写真集「アシカ日和」マガジンハウス刊
2011年 デジタル写真集「グレイトブルー」写真工房刊
2012年 写真集「海中散歩」パイ インターナショナル刊
2013年 写真集「ダンゴウオ海の底から見た震災と再生」新潮社刊
2013年 写真集「夢色の海」パイ インターナショナル刊

     
■TV出演

2006年 TBS「情熱大陸」
2007年 ABC「ガラスの地球を救え」
2008年 フジテレビ「ザ・ベストハウス123」
2009年 BSジャパン「写真たちの日本紀行」
2010年 テレビ神奈川「ハマランチョ」
2011年 テレビ大阪「antenna 」
2011年 関西テレビ「ココロの旅」
2012年 日本テレビ「未来シアター」
テレビ神奈川「ありがとッ!」にてレギュラー出演
その他、メディア出演/講演など多数

     
■経歴

大学在学中に水中写真家・伊藤勝敏氏に師事し、水中写真を志す。
1993年よりオーストラリア、伊豆、モルディブに拠点を移し、水中撮影に励む。1998年に帰国。フリーランスフォトグラファーとして独立。自然のリズムに寄り添い、海中生物に可能な限りストレスを与えない撮影スタイルを心掛ける。
約20年間に亘り、海の生物に出会い、恋し、ふられ、無視され、繋がり、そして勇気をもらい、子育ての方法までをも教えてもらいながら、水中のあらゆる事象を精力的に撮影。プランクトンからクジラまで、独特の世界観で広大な水中世界を写し撮っている。
2011年3月の東日本大震災は、フォトグラファーとして過酷な現実と向き合う大きな契機となった。震災のわずか3週間後、三陸岩手県沿岸の海に潜り、それ以降、海の底から震災と再生の様子を撮り続けている。※2013年2月25日発行「ダンゴウオ海の底から見た震災と再生」参照