top > Meister Interview > 丸々もとお/丸田あつし プロフィール

Meister Interview 夜景評論家 丸々もとお/夜景フォトグラファー 丸田あつし(Motoo Marumaru/Atsushi Maruta)

  • share this page:
  • twitter

夜景評論家 丸々もとお/夜景フォトグラファー 丸田あつし

夜景評論家
丸々もとお
夜景フォトグラファー
丸田あつし

  • 丸々もとお・丸田あつしプロフィール
  • ダイジェスト版(読了時間5分)
  • 記事全文(読了時間15分)

■Profile


丸々もとお(まるまるもとお)
夜景評論家
1965年生まれ
長野県 出身

丸田あつし(まるたあつし)
夜景フォトグラファー
1968年2月生まれ
埼玉県 出身

夜景をテーマに様々なビジネスを展開する兄弟。幼い頃、兄弟で夜景の魅力に目覚め、それぞれの得意分野を生かし兄はプロデューサー、弟はフォトグラファーとしてタッグを組む。夜景をテーマにした旅行、イベント、レストランなどのプロデュースから、写真集や書籍の出版など、幅広く活躍中。



     
■丸々もとお 経歴

立教大学社会学部観光学科卒。
夜景評論家/夜景プロデューサー/イルミネーションプロデューサー
夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事
世界初の「夜景評論家」(R)であり、夜景観光のパイオニア

オフィシャルサイト http://www.superyakei.com/index.php
ぴあ(株)情報誌『WEEKLYぴあ』の編集記者、(株)リクルートを経て独立。92年『東京夜景』上梓以降、日本で唯一無二の夜景評論家として本格的活動を始める。夜景の魅力を観光学、景観学、色彩心理学など学際的に評論する独自の「夜景学」の構築に取り組んでいる。夜景に関する著作は30冊以上。新聞・雑誌連載等の執筆活動のほか、宿泊プラン、夜景イベント、レストラン&展望台プロデュース、不動産コンサルティング、夜景観光町おこし、講演会、インターネットにて活躍中。近著に「世界の夜景」(ダイヤモンド社)「日本の夜景」「東海道夜景五十三次」(エンターブレイン)「夜城」(世界文化社)。神戸市、横浜市、長崎市、川崎市等の夜景観光アドバイザー、横浜夜景ミュージアム館長を歴任。夜景検定(夜景鑑賞士検定)総監修、日本夜景遺産事務局長、LED光源普及開発機構理事等を務める。全国に広がる“工場夜景クルージング”の仕掛け人でもある。
※商標登録『夜景評論家』第4408194号 
※照明コンサルタント(社団法人照明学会認定)

     
■丸田あつし 経歴

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業、同大学院中退。
グラフィックデザイナー/夜景フォトグラファー
日本写真家協会会員
オフィシャルサイト http://www.nightonearth.jp/
経歴 : 1994年にデザイン会社(有)マルタアドバタイジングに入社。グラフィックデザイナー/夜景フォトグラファーとして本格的に活動をはじめる。現在は、世界各地の夜を撮影することをライフワークに、新聞・ウェブの連載、雑誌・週刊誌グラビア、写真展、夜景関連ホームページなどで活動中。実兄の夜景評論家・丸々もとお氏の夜景関連出版物の全撮影を担当。写真集に「夜光列車」(光村推古書院)「最新版 日本夜景遺産」(河出書房新社)、「夜城」(世界文化社)、「世界ノ夜景」(ダイヤモンド社)、「世界夜景」(中国語・繁体字版/大売文化有限公司)、「日本の夜景「東海道夜景五十三次」(エンターブレイン)、「LIFESCAPE息づく夜景」(角川書店)がある