top >Photo Gallery細谷 圭二

■Photo Gallery

  • share this page:
  • twitter

Grateful-Japanのインタビュー時のフォトギャラリーです。
記事内でご紹介した写真やご本人の作品、活動風景など、
インタビューのダイジェスト画像を静止画でご覧になれます。



■株式会社ホソヤエンタープライズ代表取締役社長 / 細谷 圭二 (Keiji Hosoya)


  • 日本を代表する花火師、細谷圭二氏。「一瞬の輝きのために、技術と情熱を注ぐ。花火造りは人生のようなもの」と語る。

  • 日本煙火協会員の看板。代々の歴史を刻んでいる。

  • 一尺玉の実寸。花火師は常に危険と隣り合わせ。簡単な仕事は一つとしてない。

  • 「鍵屋」の流れを汲み、創業100年以上の歴史と、日本有数の実績を持つ老舗の花火企業。それが、ホソヤエンタープライズだ。

  • 細谷氏愛用の法被。「Fireworks」の文字が入る粋で洒落たデザインだ。

  • 創業は明治39年(1906年)当時の貴重な写真。万治2年(1659年)創業の鍵屋の流れを受け継いでいる。

  • 細谷氏が手掛ける花火。誰もがその美しさと華やかさに酔いしれる。

  • 人を感動させる花火は、職人としての丁寧さや、きめ細かさ、几帳面さが重要であると細谷氏は言う。

  • 数々の賞を受賞し、世界中から高い評価を受けている。

  • 河川敷で花火玉を持つ細谷氏の姿はとても勇ましく、これぞ日本の職人。粋を感じる一枚。

  • 花火を打ち上げる場所・周囲の環境に合わせて、さまざまな演出方法を考える。

  • 花火師同士で強みを出し合い、イベント全体をアレンジすることが望ましい!と細谷氏は言う。

  • 世界最大級の花火打揚げ用の筒。スケールの大きさを感じられる。

  • 「玉貼り3年、星掛け5年」という言葉がある。一人前の花火師になるには最低でも10年はかかると言う。

  • 「「自分探し」という言葉をよく聞く。他人ではない自分を、よそへ探しに行っても、見つかりはしない。自分を直視して、好きなことに素直に、これしかない!という覚悟を持って、それをやり続けてほしい!」細谷氏の重みのある言葉だ。

  • 一発一発、丁寧に造らなければ、綺麗な花を咲かせることはできない。

  • 打ち上げてから数秒後、轟音と共に夜空に炸裂する花火。かなたから押し寄せる怒濤のような歓声を聞くと、興奮で体中が震えるという。

  • オフィスに隣接する資料館では、花火の内部構造の模型など、数々の資料展示されている。

  • 実物は重量280キロに達する三尺玉。半年以上を掛けて創る大物を花火大会に出す時には「娘を嫁に出す」ような気持ちになると言う。

  • 花火の制作工程を知れる貴重な資料。花火の伝道師としての活動にも力を注いでいる。

  • 記事全文へ(読了時間15分)
  • 記事ダイジェスト版へ(読了時間5分)
  • 細谷圭二プロフィールページへ