ガイアフロー株式会社・ガイアフローディスティリング株式会社 代表取締役
中村 大航(後編)/地元の薪、原料で目指す静岡のウイスキー

0Like&Share

Facebook

LINEで送る

地域性を高め、世界中で“選ばれる”酒に
地元の薪、原料で目指す静岡のウイスキー

2016年に蒸溜所を竣工したばかりのガイアフローディスティリング株式会社は、世界中で需要が高まるジャパニーズ・ウイスキーの注目株だ。中村大航社長は精密部品メーカーからウイスキー製造へと大胆な事業転換を図り、ウイスキーの輸入販売から業界に参入すると、ウイスキー造りに最適な環境をもつ静岡市“玉川地区”との出会いを経て蒸溜所を完成させた。蒸気を用いた一般的な手法とは異なる、世界で唯一の「薪直火蒸溜機」と、メルシャン軽井沢蒸留所から移設した“伝説”とも言える「軽井沢蒸溜機」で、個性豊かなウイスキーを造り出している。

全2回のインタビュー後編は、地域との協力体制を作り上げたガイアフローが見据える、原料も地元産にこだわる“静岡のウイスキー造り”実現への展望、ジャパニーズ・ウイスキーの将来を担う蒸溜所としての意気込みを聴いた。

中村 大航さん インタビュー


――ウイスキーのテイストやコンセプトは事業を始めた頃から決めていましたか?

基本的には“自分の好きなお酒を造る”ことをイメージしました。実際はそれが一番難しく、「ベンチャーウイスキー」の肥土伊知郎社長にも最初に相談したことです。結局は、思い描いた味わいを目指して造り、完成したものが自分たちの味になる。原酒が完成した現在も、どんなウイスキーが出来上がるかはわかりません。出来への不安はありますが、逆に不安が全くないとしたら、それはウイスキーをみくびっていることになるかもしれません。

そういった不安がある分、一生楽しめる仕事だとも思っています。全くの素人からスタートして、ここまで歩んできた道のりはとても面白いものでした。原酒は特徴のある味が出ていますし、これから時間をかけて目指しているテイストにさらに近づけていきたいと思います。

――樽ごと購入する「プライベートカスク」という販売形態について教えてください。

ウイスキーの味わいは、大きさや貯蔵期間などさまざまな要因から影響を受けて、樽ごとに変化していきます。熟成したウイスキーを瓶詰めするタイミングを決めるのは購入したオーナー自身です。熟成させている間でも、ご自身の樽からサンプルとして瓶詰めして持って帰ることや、熟成庫で飲んで熟成の度合いを確認していただくことはいつでもできます。プライベートカスクはそういった時間を楽しみ、自分だけのウイスキーをもつという夢を形にできる制度です。2017、18年のプライベートカスクでは、薪直火蒸溜機と軽井沢蒸溜機で造った原酒をハーフ&ハーフでブレンドし樽詰めしましたが、3年目の2019年は、別々に樽詰めしてそれぞれの味わいを楽しんでいただけるようにしました。

スコッチウイスキーは「原酒を3年以上熟成させなければいけない」という決まりがあります。ガイアフローが仕込んだ最初の原酒を、ウイスキーとして瓶付けして発売できるのは2020年夏頃です。まずはシングルモルトの商品を、続いてブレンデッドをリリースしていきます。また、プライベートカスクは、最初の樽を2017年末に樽詰めしていますので、早いもので2021年頃からのお届けになる予定です。

熟成中のウイスキーについて「このような味になる」と断言することはできませんが、私は“飲み飽きないお酒”を造りたいと思っています。そのきっかけとなったのは、県内のとある酒蔵の社長杜氏の方に、ガイアフローで輸入しているウイスキーを何本か飲んでもらった時、そのうちの1本をすごく気に入り「手が止まらない」と言って飲んでくれたことがありました。そのお酒は飛びきり強い個性があるわけではないけれど、言葉に尽くせない美味しさがあり、酒造りに携わる人でさえもついつい手が伸びてしまう。その時に「これだ!」と思いました。独特の味わいと深みがあって、それが嫌味でない酒を造りたい。そして、私たちの2つの原酒をブレンドすれば、そんなウイスキーが造れるはずだと思いました。

――蒸溜所自体も魅力的で、川に沿って上っていくと山のなかに現れる施設の美しさに驚かされました。

蒸溜所の外観は、静岡の風景にマッチする和のテイストをメインしながらも、海外を思わせる要素も入れました。また建物のデザインだけではなく、 “近づいてきた時に景観を含め蒸溜所全体がどのように見えるか”まで意識して、3Dでのシミュレーションを重ね設計しています。日本でもスコットランド風の蒸溜所を造ることがありますが、自然の多い場所にはあのデザインだと少し違和感がありました。本来は麦芽を乾燥させるための煙突という意味合いのある形状でしたが、現在の製法では機能しないただの飾りになってしまいます。それなら私たちは従来とは違うテイストの建物を作ろうという想いで設計しました。

――この静岡市葵区の“玉川地区”という土地はどのような過程で見つけたのでしょうか?

蒸溜所を建設するため、山梨や長野、北海道や九州まで広げて全国の物件を探していたなか、“灯台下暗し”で出会ったのが私の地元・静岡市の玉川地区です。ここは市が所有していた遊休地で、20年もの間、どう使うかが課題になっていました。いまでこそ合併して同じ静岡市ですが、私は海に近い清水の生まれで、山のエリアにこれほどいい土地があることは知りませんでした。土地を活用するアイデアが出ては立ち消えになるという状況が続いていたそうですが、ウイスキーを造りたいという私たちの想いに市と地域の方々が賛同してくれました。

工場を建てて整備するに許可が必要ですが、行政に前向きに対応してもらえたのはありがたいことでした。初めは蒸溜所を造れる場所であればどこでもいいというつもりで土地を探していましたが、結果的には地元に蒸溜所を作れたわけですから、それならばこの地域を世界に発信できる商品を作ろうと思うようになりました。

蒸溜所の見学ツアーには、県外や世界から多くの方に来ていただいています。また、2015年から「静岡クラフトビール&ウイスキーフェア」というイベントを開催していて、始めた頃は300人ほどの規模でしたが今年は3000人を超える人が足を運んでくれました。そのうちの4分の1くらいは県外からのお客さまですから、こうした活動によって交流人口の増加に貢献できたらと思っています。

――原料も地元のものを使うことを考えていますか?

2018年に1トン分、1度の仕込みだけですが、地元の大麦を使ってウイスキーを造りました。うれしいことに、お米の農家さんから「大麦を作ったら買ってもらえるか」とお声がけいただいて実現したんです。現状、静岡県内の大麦の生産量はゼロに近いので、県に協力してもらいながら、大麦を作ってくれる農家さんを探していきます。地元の原料を使ったウイスキーは、世界中の愛好家から人気です。スコットランドでも数えるほどですが、地元に密着し、その土地で収穫した大麦でウイスキーを造っている蒸溜所があります。そういった商品が参考にして、この静岡で造ればとても大きな特色になると感じています。

実は酵母も、地元のものを使うことができます。静岡県には、工業試験場で開発された清酒用酵母「静岡酵母」があり、その酵母から生み出される静岡の酒は全国でも高い評価を受けるようになりました。いまはその試験場で、大麦用の酵母が開発されています。2018年から配布が始まったので、この酵母で仕込むウイスキー造りにも取り組んでいきたいと思っています。地元の薪を使う蒸溜機と合わせ、酒造りの“地域性”を高めていくことで、どのような味になるのかを追求していきたいと思っています。

――新興のウイスキー蒸溜所として今後の展望を教えてください。

現在は世界規模で新しいウイスキー蒸溜所が増えていて、今後の数年間で市場に参入してきます。業界全体が盛り上がると同時に、厳しい市場になっていくでしょう。国内でも原酒不足が続いていますが、大手メーカーは生産量を増やしています。その商品が一斉に市場に出てくる時にも、 “選ばれる”お酒を私たちは造っていなければいけません。たとえメジャーなブランドにならなくても、「自分はガイアフロー静岡蒸溜所のウイスキーを飲みたいんだ」と好んでくださるお客さまが世界中にいるような蒸溜所として続けていけたらと思います。

私たちのウイスキーには色々な要素があるので、気に入ってもらえるポイントがどこかにあると自負しています。そして、好きになってくれた人がまた手に取りたくなるお酒を造っていきたい。1人のウイスキー愛好家として、自分が飲みたいと思ったお酒、こんなものを見たい、こんな体験をしたいと思ったことを実現し、それを気に入ってくれる人たちにウイスキーを届けていきます。

<記者:平澤 尚威>

"日本の匠に尊敬と感謝の思いを込めて" - Grateful JAPAN

フォローしてSNSで最新情報をチェック >>

Facebook

LINEで送る